不動産投資のリスクを考える|手当たり次第は危険

家賃滞納のリスクを軽減

不動産投資には様々なリスクが考えられますが、その中でも家賃滞納のリスクを軽減することが出来るのが賃貸保証会社です。中には敷金だけでは補うことが出来ずに赤字となってしまうこともある原状回復でも、ある程度まで保証してくれる賃貸保証会社もあるのでリスク軽減には有効です。

税制優遇を受けよう

硬貨を積む人

ここ数年で、マンション経営をするサラリーマンや公務員が増えています。中には、給料収入よりも不動産収入の方が多いという人もいます。このような人たちはマンション経営をするにあたって、ローンを上手に活用しています。

二種類ある保証の形

マンション模型

家賃債務保証には二種類あり、業者に連絡すると必要時に家賃の立て替えを依頼できるものが一つです。もう一つとして入居者管理も業務として依頼するときに未納があったらすぐに対策を講じてもらえる仕組みの保証があります。

2つの大問題とその対策

メンズ

良いパートナーを選ぶ

不動産投資は比較的安全だと言われていますが、そうは言っても、当然、リスクも存在しています。そのリスクとは、容易に想像できるのは入居者がいないことだと思いますが、入居者がいたとしても、家賃を滞納されるというリスクがあります。実は近年、家賃を滞納する入居者は増加傾向にありますから、家賃滞納は深く考えておかなければならないリスクなのです。ただ、どちらのリスクも良い対策を講じることは可能です。まず、入居者がいないことに関してですが、これは管理会社に業務委託することが良い対策となります。不動産投資をするにあたり、もはや管理会社に業務委託することは一般的だと言えますが、管理会社の業務内容には入居者募集業務も含まれているのです。但し、管理会社の入居者募集能力には優劣がありますので、不動産投資を成功させるためには、入居者募集能力が優秀な管理会社に業務委託する必要があると言えます。一方の家賃滞納に関してですが、これは家賃保証会社を利用することが対策となります。家賃保証会社とは滞納家賃を入居者に代わって支払うことを業務としている会社であり、この業界は近年、急成長をしています。家賃保証会社を利用すれば、家賃滞納リスクが軽減されるどころか解消されます。よって、家賃保証会社は不動産投資には不可欠な存在だと言えますから、最近では入居希望者に家賃保証会社に加入することを義務付けているケースが増えています。ただ、問題もあるのです。家賃を滞納する入居者が増加傾向にあると前述しましたが、そのせいで倒産してしまう家賃保証会社も結構あるのです。従って、経営状態を必ず確かめて、家賃保証会社を利用しなければならないのです。